スコア 100 切りを達成するためにはどうすればいいのか

スコア 100 切りを達成するためにはどうすればいいのか

私はこれで100切りした

100切りで悩んでいるゴルファーの皆さん、最近ゴルフを楽しんでいますか?
ゴルフを始めて100切りという壁に当たり何か忘れていることがあると思います。
100を切るには、ラウンドにより多くでることや、練習量を増やす方法もありますが今回は、フトしたチョットの行動でゴルフが楽しく100切りができる方法を紹介いたいと思います。
もしかするとこれからのゴルフに対する見方が大きく変わるかもしれません。

 

私が100切り達成した方法とは

まず100切りを達成するには、ゴルフを始めるときに習ったゴルフの基本をもう一度振り返ることです。
今更そんなことと思いがちですが、実話振り返ってみるとあれも、これも忘れていることに気づき恥ずかしくなります。
実際私も100切りを目指す頃、ラウンドと練習に必死になり、大切なことを忘れていることに気付いきました。
また、今さら同伴プレイヤーには聞けなかったことが解決できるかもしれません。
その中の何個かをを紹介していきたいと思います。

 

パター練習を必ずやる

パター練習は毎回していますか?
100切りしたいと思っているけれども、時間に余裕がないからパター練習が出来なくても仕方がないと思っている方は、少なくともいると思います。
ですが、100を切りたいと思うのであればパター練習は、いざコースに出た時に重要なポイントとなります。

 

パター練習のポイント

例えばコースに出て、1ホールめのグリーンでパター練習しておけばよかったと後悔したことがあると思います。、
この後悔を失くすためのポイントはパター練習の時、苦手な距離やラインからカップまでの歩数を数えることです。
何歩でこのぐらいの強さと確認できるまで少し練習するとグリーン上で大叩きすることも激減します。
是非、歩数を数えることは習慣化することをです。

 

 

2つ目に例えば、なんでこんなに速いの?いつもと同じ強さで打ったのにという経験ありませんか?
私も、これでグリーン上で往復し、メンタルを乱したこと多々あります。
パターの1打が、ドライバーの1打と同じだと思うと本当にこの1打を大切にしなければとは良く言ったものです。
この速さに関してはマスター室前や練習グリーン付近に設置してある「今日のグリーンコンディション」に注目してみて下さい。
そしてグリーンコンディションのポイントですが速度を見て下さい。
速度は深く考えず、8〜9フィートぐらいは、速くもなく遅くもない一般的な速さと覚えておくと良いでしょう。
速度は高ければ早く、低ければ遅くなります。
遅い早いを知ることでいつもだったら3打のところが2打で済むかもしれません。
また、このパッティング数を減らすチャンスが18ホールあるのでパッティング数での100切りが自然と見えてきます。

 

設計者の戦略にのらない。

みなさん、ゴルフ場は設計者によって設計されてがいるのはご存知だと思いますが、この設計を知ることでコースマネージメントがうまくいき、100切りを達成できます。

 

まず設計を知るには、、なるべくカートに乗らず歩くことです。
歩くことでたくさんのコース内の状況を知ることができます。
まず歩くことで、フェアウェイやラフの長さなど芝の状態を知ることができます。
芝の状態を知ることで正確なクラブ選定が素早くでき、時間の余裕が出来てきます。
その時間を利用して、レイアウトとピンポジを良く確認することでミスショットが減らすことができます。

 

また、視覚を慣れさせる効果もあるのはご存知ですか。
例えばクロスバンカーまでの距離が200ヤードのホールで、クロスバンカーがもっと近くに見えたのでバンカー左サイドへティーショットしたところ、クロスバンカーまで届いていないという経験はありませんか?
これは、設計者による高低差などによる視覚による錯覚を利用しているレイアウトによるものです。
歩くことで、コースの色に眼が慣れてきて、この高低差に気づくことができます。
また、この高低差は、ゴルフ場にあるプロショップやマスター室で販売しているヤーデージブックを見るとよく書いてあります。気になる方は、購入してみると良いでしょう。コースについて詳しく書いてあり、コースマネージメントの手助けになるのは確実です。
騙されたとと思って少しでもいいので歩いてみてはいかがでしょうか。

 

ティーグラウンドの方向確認をする

狙い目は合っているのになんで向こうに?という経験はありませんか。
スイングの原因も考えられますが、ティーショットの際忘れてしまいがちな、ティグラウンドがどの方向に設置されているかということです。
ティーグラウンドの方向はねらい目にあっている時もありますが、時には面白い方向に設置されていることもあります。
毎ホール確認しているとたまに、「え〜こんな方向向いてるの?」とチョット楽しくなってきます。
もし、ティーショットのOBや1ペナなどが回避できたら100切りも見えてくるでしょう。

 

ティーショットでのスタンス

打つ際のスタンスですがどのように決めているでしょうか?
ねらい目を決めたら、その方向に向かってフェイスを合わせることが基本です。
意外とねらい目を目視だけで決め、そのままティーショットしてませんか?
毎ホールねらい目に対してあわせクラブのファイスを合わせ、スタンスをとることです。
素振りをしているうちに、こちらはなぜか?ぎこちなく感じてしまい、スタンスを動かしてしまいがちですが我慢してみて打ってみてください。

 

 

セカンドショット

セカンドショットからはコースマネージメントが重要なポイントとなります。
とにかく、残りの距離確認、ピンポジを確認、両サイドやグリーン周りの確認をすることです。この確認をすることでピンまでのショットのイメージが作ることができます。
また、素振りの際は芝をこする音がするのを確認してみてください。芝のこする音が無いということは正しいスイングではないからです。
セカンドショットの際は、とにかくレイアウトやピンポジ、素振りを気にかけてみてください。

 

 

グリーン場

 

とにかくパッティング数を減らすには先程のパター練習のイメージと無駄な動きを省くことです。
特に自分自身のパッティング方向の逆からラインを見たことはありますか?
逆から見ることで傾斜が確認でき、正しいラインを読むことができます。
ですが、ラインを逆から見るにはグリーン上での余裕がなければできません。
グリーン上でラインを見る時間を余裕を作るには、まず無駄な動きの1つで何度もクラブをカートにとりに行くことだと思います。
戻らないためにはアプローチショットの際は、アプローチクラブ、パターを持参することです。
実際やってみると、なんでこんなことでこんなにグリーン上で余裕ができるんだと実感できます。
また、グリーン上では同伴プレーヤーのラインを予測、観察することも習慣化するとパッティング数からの100切りも可能となります。

 

アプローチ

アプローチですが、ここでのせなければという時、ダフッたり、トップしてグリーンを往復
する経験はゴルファーであれば1度はあると思います。
このダフリやトップは、とにかく実際ボールを打つ強さで芝生をこする音がするまで素振りをすることです。
また、こちらも余裕があればピンまで何ヤードぐらいか歩いて確認するとより良いでしょう。
これを行うことで、ショットの良いイメージができワンオンにつながります。
ちなみに私は、失敗するイメージを失くし、良いイメージでいつもアプローチしています。

 

まとめ

以上、簡単に紹介させていただきましたが、ゴルフを始めて練習とラウンドの繰り返しを続けてきて、ふと忘れてしまったことが何個かあったと思います。
私もそうでしたが100を切ろうと必死でゴルフを楽しむ気持ちを忘れていました。
ですが、いつものプレーに上記のことを足してみることで、ミスショットが少なくなり、楽しく100を切ることができました。
是非、100切りを目指すゴルファーの皆さん、これを読んで楽しく100切りゴルフをしていただければと思います。
補足ですが、バンカーについては紹介しませんでしたが、バンカーは入らなければ練習になりません、是非、バンカーに入っても練習できるラッキーと思うくらいバンカーに対し好意を持ってください。

 

ゴルフ 初心者