シャンクの原因と対策

シャンクの原因と対策

ゴルフにおいて最も恐ろしい、そして悲しくなるミスショットはシャンクであります。シャンクとはボールがネックに当たり、右方向へ飛んでゆくショットで、そのままOBに行くこともある、スコアに直結するミスショットであります。

 

原因は、構えた位置からクラブヘッドが体から離れた位置にくることにより、ネック寄りにボールが当たるのですが、ではなぜ体から離れた位置にクラブヘッドが行ってしまうかというと原因を見つけるのはなかなか難しい作業になります。

 

なんせ、シャンクの治す方法を開発したらノーベル賞ものだという人もいるくらいです。実は私も慢性的なシャンクもちで、自分の体験も考慮に入れながら、原因と対策を探ってみたいと思います。

 

シャンクの原因の一つには、右サイドの突っ込みがあります。特に上半身の突っ込みです。

 

なぜそのような動きになるというと、球が捕まえられずに、知らず知らずに上半身を突っ込んで球を捕まえようとします。

 

また、クラブフェースを開いてダウンスイングに入るとシャンクが出やすくなります。

 

つまり、球を上手に捕まえるような動きをマスターすれば、上半身の突っ込みも無くなり、また、クラブフェースの開きも解消されますので、シャンクの対策になります。

 

では、上半身の突っ込みを防止するためには、ひとつは下半身始動のスイングです。右サイドの突っ込みの原因は、バックスイングからダウンスイングに入るとき、上半身から始動するような動きです。

 

これを解消するために、下半身から始動することが重要になってきます。では、どのようにすればよいかというと、まずは、バックスイングから左足の踏み込みから始めることです。

 

左足を踏み込むことで下半身が引っ張られます。それと同時に腕が前に行くのではなく、地面方向へ引っ張られる感覚になります。

 

 

これを体感するには、上半身の力を抜いておく必要があります。自然に腕が落ちてくる感覚がつかめないときは、自ら腕を下げる動きを入れても大丈夫です。

 

そうすることによって腕が体の近くを通ることになり、腕が体から離れず、クラブヘッドも体から離れた方向に行きにくくなります。

 

上半身の突っ込みを防止する対策は、もう一つ右足を前に出さないことです。右足が前に行くことを踏ん張ることで右サイドの突っ込みを防ぐことができます。

 

つまり、どうしたらよいかというと、アウンスイングでべた足にすることです。昔はよく、右足くるぶしを内側地面につけるような動きをしろといいましたが、それを意識的にすることはとても難しいです。

 

そこでべた足でスイングすることは、右サイドの突っ込みを防止するために有効な手段です。べた足にすることで、球のつかまりもよくなり、自然とインサイドインのスイング軌道になります。
しまし、理屈ではわかってもなかなか治るものではありません。長年体に染みついたスイングの癖を治すには相当の努力と正しい練習が必要になります。

 

とにかく上半身の突っ込みは、ゴルフにおいて絶対に正しくない動きなので、これを解消する努力は必要だと思われます。

 

上半身が突っ込む原因のもととなる捕まらないスイングの修正方法を述べたいと思います。球が捕まらない原因の一つに振り遅れがあります。振り遅れとは、手が先行してヘッドが遅れてついてくることです。

 

通常、長い棒の先に重たい塊がついていたならば、普通に降れば振り遅れます。振り遅れると球が捕まらなくなるので、無意識のうちに体で捕まえようとする動きがでてきます。

 

これが上体の突っ込みとなって表れてくるのです。そこで大事になってくるのは、腕の返しです。腕を返すとひっかけの原因となるように思われますが、ひっかけの原因は腕の返しよりも、上半身の開き(やはり突っ込み!)により、アウトサイドインのスイングが一番の原因です。

 

 

バックスイングから手を真下におろし、体ではなくてアームローテーションで球を捕まえることが重要になってきます。気を付けることはアームローテーションをするときに手は体の近くに通るようにすることです。

 

遠心力で手が体の外に引っ張られるので、グッと体に引き寄せる動きが必要です。アームローテーションの動きが適正つにできるようになると、球が捕まり、飛距離が出る用意なります。

 

シャンクがでると上級者の証なんていいますが、まだまだ上級者にはなれない、スイングの間違った動きがあるといえます。シャンクを治そうとすることで正しいスイングが身につくと思われます。

 

また、ドライバーなど長いクラブをぶんぶん振り回してそればかり練習すると、悪しき動きが出てきてシャンクにつながる可能性が出てきます。ミドルアイアンぐらいでじっくり練習することをお勧めします。

 

 

それでも、ラウンド中にいきなりシャンクが出てくることがあります。その時の私なりに考えた応急処置を述べたいと思います。

 

まず、出やすい環境は、つま先下がりです。ダウンの時に体が前方へ倒れこみやすくなるので、結果、上体が突っ込みシャンクを誘発します。

 

また、ドライバーをマンぶりした直後もシャンクが出やすくなります。これは、もっとも球が捕まりにくいクラブなので、特にマンぶりしたときに無理に球を捕まえようとする動きがでてくるので、その感覚を引きづったまま、アイアンを打つとシャンクが出てしまいます。

 

応急処置としては、フルスイングをしないこと、べた足でフィニッシュをとることです。それでもシャンクが出る場合は、アドレスの時に右足を後ろに下げて打つことです。

 

こうすることで絶対に上半身を突っ込むことができなくなります。しかしこの方法は方向性が取りづらくなるので、ある程度方向性は犠牲にして打たなくてはなりません。

 

次にフックグリップをすることです。こうすることで、ダウンスイングで自然とフェースが閉じて球のつかまりもよくなり、無理して捕まえる動きがなくなります。

 

当然、ひっかけやすくなったり、スイングそのものが大きく変わる可能性もあるので、グリップを変えるのはあまりおすすめしません。

 

スイング以外の対処方法としては、クラブを替えることです。基本的に捕まりのいいクラブに帰ることで、アイアンだとグースネックにすることです。

 

ただし、あくまで出にくくなる傾向ですので、スイングを改善しないことには、根本的な解決には結びつきません。

 

シャンクの治し方を私なりにまとめてみましたが、未だにシャンクが出ることがあります。ひょっとしたらまだ自分では気づかない改善点があるのかもしれません。

 

しかし、シャンクを機にスイングを根本的に変えようと努力するきっかけになりました。どうかシャンクに悩んでいる方は、これを逆手に取り、スイングを改善するいいきっかけになったと考えていただきたいです。

 

シャンクは出る出ないが本当に紙一重の出来事でしょうから、絶対に治るという信念のもとに、ぜひ改善に結びつけてほしいものです。私はラウンド中にシャンクが出続け、OBの連続で持ち球が無くなり、同伴者から球を借りながらラウンドしたことがあります。

 

こうなったら、みじめだし、悔しいし、周りに迷惑をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいになり、すぐにゴルフをほっぽりだして帰りたくなりました。
それでも、ラウンド中にシャンクがでても笑っていられるメンタルの強さも身に着けたいものです。

 

最後に、シャンクはミスショットの中では、アドレス方向よりかなり右に飛び出し、OBや池ポチャなどに遭遇する機会のおおいショットです。

 

正直、シャンクが治らないときはゴルフをやめようかと思ったこともありました。しかし、シャンクが出るまでが成長期でゴルフが最も面白かった時期でありました。ちょっとしたきっかけでシャンクが出始めたのでしょうが、治すのがなかなか難しいです。

 

はっきり言って不治の病に近いです。シャンクが出始めた方はこの記事を読んで少しは参考になることができたなら幸いです。また、シャンクの治し方について、いろんな方と情報交換して、参考になる練習方法を教えていただきたいです。

シャンクの原因と対策記事一覧

アイアンで飛距離がでない時の原因と対策

ゴルフのアイアンはドライバーのように飛距離を求めるクラブではないのですが、それぞれの番手によりロフト角が決まっており、番手ごとに飛距離の目安があります。クラブの番手を上げる事により(例えば7番アイアンを6番アイアンに変える事です)飛距離が出る作りになっています。ゴルフは人によって飛距離は違いますが、...

≫続きを読む