タトゥー(刺青)の歴史

タトゥー(刺青)の歴史

タトゥー(刺青)というのは最近では海外のみならず日本でもファッションアイテムとして人気になってきているものです。簡単なものならばワンポイントやシール式などのものがあり、本格的なものになると様々なデザインのものがあります。

 

タトゥー(刺青)は歴史的な成り立ちが大きく影響しているため、そのデザインに関しても地域色や歴史が色深く現れているものが多くあります。

 

まずは日本でのタトゥー(刺青)ですが、こちらは一般的には和彫りと言われています。絵柄やデザインに関しても和風なものが取り入れられており、鯉や虎や龍などは背中などの大きく彫られることもあり、この辺だとやはりその道の人などがしているイメージがあります。色彩に関しても和風なテイストを盛り込んでおり、アート的な面も見逃せません。

 

ところ変わってブラック&グレーというタトゥー(刺青)デザインがありますが、こちらは名前の通り黒色を中心としたモノトーンで陰影をつけていくものとなっています。

 

こちらのルーツに関しては刑務所などの比較的インクが用意できない場所でも出来るものとしての歴史などがあります。現在ではそのシンプルなデザインが受けているそうで、様々な人に広まっているみたいです。

 

こういった民族系の影響を受けるものとしては、タトゥー(刺青)デザインにとライバルという種類があります。元々は部族が愛用していたデザインだそうですが、ポリネシアンやハイダという民族系のものもあります。

 

タトゥー(刺青)デザインで最も入れている人が多いのが、文字タイプであるレター式のものでしょう。思い出の言葉や家族や恋人の名前など入れるということもできるので、女性の方にも人気が高いものとなっています。

 

最後に紹介するのはまさに現代風とも言われているタトゥー(刺青)デザインとして3Dタトゥー(刺青)というものがあります。本当に3Dとして立体的なデザインでありとてもアート性を感じられるとして注目されています。このようにタトゥー(刺青)には様々な種類やデザインがあるので、気になったらぜひ検索してみてください。

タトゥー(刺青)の歴史記事一覧

面接で採用に繋がる正しい答えとは

ここでは面接で採用に繋がる正しい答えについて解説します。自分の得意の事をアピールしたところで採用はされません面接で落ち続ける人の悩みの中にはこんな事があります。それは、「事前練習をして質問にはスムーズに答えたのに落とされた。」「自己PRを求められて実績も詳細に伝えているのに採用されなかった」など。こ...

≫続きを読む