面接で採用に繋がる正しい答えとは

面接で採用に繋がる正しい答えとは

ここでは面接で採用に繋がる正しい答えについて解説します。

 

自分の得意の事をアピールしたところで採用はされません

 

 

面接で落ち続ける人の悩みの中にはこんな事があります。それは、「事前練習をして質問にはスムーズに答えたのに落とされた。」「自己PRを求められて実績も詳細に伝えているのに採用されなかった」など。

 

ここで気になる点はこうした感想を述べる人は面接を誤解している事が多いのです。面接というのは口頭試験とは違います。よどみなく答えても採用されません。

 

また立派な内容の回答だから採用されるわけでもないのです。ここは重要なのですが、面接試験の回答はその内容が求人企業の事情やニーズに合うものでないと意味がなく、評価の対象外になります。

 

面接というのは求人企業と応募者がお互いのマッチングを確認する場なのです。ですから自分の好きな事や得意な事をアピールする場所ではありません。

 

面接試験の多岐にわたる質問も、その応募者が自社にマッチする人なのか、そこを確認したいのです。したがって質問に対してマッチします。と示せる回答こそが正しい答えなのです。

 

セールストークに慣れている人こそ注意が必要

 

 

面接において自分は話し下手だから、などと心配は無用です。コミュニケーション能力を求める企業は多いですが、それは別に話がうまい人が欲しい、という意味ではないからです。

 

相手の話に耳を傾けて気持ちを組んであげる事が出来る人がコミュニケーション能力があるという事です。聞き上手な応募者の方が正しい答えを見つけやすいという実態もありますので、落ち着いて面接に臨んでください。

 

注意した方がいい人はむしろ対人折半やセールストークに慣れている人です。理由は本人にそのつもりがなくても、立て板に水のごとく冗舌に即答する様子から、面接担当者に妙にモノ馴れた印象を与えてしまう事があります。

 

言葉に詰まりながらも自分の言葉で一生懸命伝えようとしている応募者と対比されて、最悪のケースでは誠実さに欠ける人ではないのか、などと思われてしまいます。

 

したがって、努めて転職にかける真面目な気持ち、紳士の姿勢を示すようにすると良いでしょう。就活での面接は誰もが悩む通過点です。ここに挙げた事を頭に入れておいて、落ち着いて面接に臨むようにすれば明るい未来があるかもしれませんよ。