就活に重要な事柄

就活に重要な事柄

就活をしたいけれど、何をすればいいかわからない。そんなことでお悩みじゃないでしょうか?
今日はそんな方のために就活の際に重要な事柄を解説していきます。

 

@髪型

男性は長い髪は短く切るようにしましょう。襟足は短く、もみあげは耳に引っかからないぐらい、前髪は眉毛よりちょっと上までが望ましいです。

 

女性は前髪を分けて、眉毛を見せるようにしましょう。耳を出して、お辞儀の際に崩れないような髪型にするのも大事です。清楚な印象を与えるようにしましょう。

 

A明るく元気よく

厳かな場で面接することになると思いますが、決して気持ち負けせず、暗い気持で話さないようにしましょう。

 

明るくて元気がいい社員を会社は求めています。

 

元気がよくて明瞭な言葉を話せば、面接官の方の印象もずっと良くなるはずです。

 

B清潔感

身だしなみはきちっとしましょう。

 

ヒゲをそり、服にフケがつかないようにして、寝癖もぴったり直すことです。もしヒゲが無作法に生えていて、服はフケだらけ、寝癖でボサボサの人が会社にいるとしたら、一緒に働きたいと思えませんよね。

 

こうした身だしなみから、面接官の方は様々な想像をします。寝癖があるということは、治す時間がない、つまり朝寝坊しやすい、だとか、ヒゲなどの見てくれを気にしないということは相手にどう思われてもいい=人に対して愛想がない、マナーがなっていない、などです。

 

タトゥー(入れ墨)がはいっているのはもってのほかです。就職活動が始まる前に、かならずタトゥー除去しておきましょう。

 

C服装

服装もきっちりしましょう。せっかくスーツを着ているのですから、ネクタイの締め方、色、スーツそのものの着こなし、女性の場合はヒールの高さなど、いろいろなことに気を配りましょう。

 

服装をちゃんとできない人はそれだけで大きな減点対象となってしまいます。

 

気を配るといってもなにもオシャレをしろといっているわけではありません。

 

そういった個性を出すような服装は、アパレル関係のような会社でもない限りやめておいたほうがいいです。

 

皆さまも様々なことに気を付けて、面接官の方に好印象を与えるように心がけてください。

就活に重要な事柄記事一覧

就活の面接体験談

就職難と言われている今の時代ですが、自分にとっては無縁と感じていたのですが、私もしっかりと就職活動で悲惨な体験をしました。大学を卒業してすんなりと就職出来るとばかり思っていたのですが、学生時代から何の特技もなく、スポーツもしていなかったので面接の時に必ずと質問される「貴方が今までで一番一生懸命になっ...

≫続きを読む