就活の履歴書を書く時の心得

就活の履歴書を書く時の心得

これから就活を始めるという人が書かなければいけないのが履歴書です。

 

日雇いや派遣のアルバイトを別にすればほとんどの企業で履歴書が求められます。履歴書に書くのは住所・指名・連絡先といった個人情報以外に学歴や職歴を書く欄があります。

 

資格・特技がある場合はそういったことも書く必要があるでしょう。今はパソコンで履歴書の内容を入力して印刷できるので、手書きが面倒だという方はパソコンで打ち込んでから印刷した履歴書を持っていくことをオススメします。

 

履歴書を書く際のポイントですが、できるだけ細かく書いた方が良いです。企業の採用担当者はまず最初に履歴書を見て、採用候補になりうる人物かを判断します。

 

履歴書の情報が少ないとそれだけではどのような人物かを判断できず、人気企業の場合は履歴書だけで不採用になってしまうこともあります。

 

学歴や職歴を変えるのは難しいですが、自己アピール欄は好きなことを自由に書くことができるのでギッシリ書くべきです。この部分だけは自分で何度も変更することができるので、時間をかけて書きましょう。自己アピール欄では、相手企業が喜びそうな長所を盛り込むことが大事です。

 

リーダーシップを発揮して成功した経験やその業界の知識・経験が豊富にあるのであれば、書いておくと面接で有利になります。

 

また見逃しやすいのは趣味・特技の欄です。この部分を適当に書いてしまうと面接官に突っ込まれた時に答えられなくなるので注意が必要です。

 

例えば、趣味が読書なのであれば具体的にどの作家の作品が好きかを書いておいて、面接官からその作家についてどんな質問を受けても答えられるように準備をしておくのが肝心です。できるだけ多くの趣味や特技を書くとともに、深い知識・経験を持っていることをアピールすると良いです。

 

逆にあまり知らないことは趣味に書かない方が堅実と言えます。仕事だけでなく遊びもできる人間だと思われると、面接官の印象もぐっと良くなり採用確率が高まります。

就活の履歴書を書く時の心得記事一覧

タトゥー(刺青)は2つの彫り方がある

昨今若者の間でタトゥー(刺青)を入れる方が増えています。日本では刺青と呼ばれて、極道や犯罪者が入れるものとして長らく忌避されているもので、近年では海外の有名人などがファッションとして入れていることから、それに憧れて日本の若者でも入れる人が増えているようです。タトゥー(刺青)には、和彫りと洋彫りと呼ば...

≫続きを読む

 

タトゥー(刺青)を入れたあとのアフターケアの重要性

タトゥー(刺青)は入れたあとのアフターケアが非常に重要で、アフターケアを怠った場合色が綺麗に発色しないと言ったケースや色抜けしてしまうと言ったケース、タトゥー(刺青)を入れた場所が化膿してしまったといったケースなど様々なトラブルが起きる可能性があります。基本的にタトゥー(刺青)は肌に傷をつけてその場...

≫続きを読む

 

タトゥー(刺青)を入れた場合の副作用とは?

どんな薬でも治療でも、必ず副作用はあります。そして、タトゥー(刺青)においても、この副作用を避ける事は出来ません。まずは、衛生面から起きる感染症などの副作用。多くのタトゥー(刺青)スタジオでは、衛生面に気を付け、使い捨ての針を使用しています。しかし、すべてのスタジオが、そうとは限りません。医療機関と...

≫続きを読む

 

タトゥー(刺青)を入れることは病気のリスクがある

最近では、日本でもファッションの一環としてタトゥー(刺青)を入れる人も増えています。海外などでは当たり前のように行われていてますが、日本ではまだまだ海水浴場を始めとした公共施設の利用制限といったデメリットがありますが、それと共にデメリットとなっているのが、病気の問題です。タトゥーというのは、肌に下絵...

≫続きを読む

 

タトゥー(刺青)を入れる為には免許が必要か?

日本国内には、様々な免許が存在します。運転免許と言った、多くの人が所有しているような免許から、特定の勉強をした人のみが取得する事ができる免許まで様々です。そして、その免許を取得する事で、行う事ができる仕事も多くなっているのです。では、タトゥー(刺青)の場合は、どのような免許が必要になってくるのでしょ...

≫続きを読む

 

タトゥー(刺青)を入れる際の痛みについて

タトゥー(刺青)を入れる際、痛みは、付き物になってきます。とは言っても、痛みにおいては、個人差もあり、タトゥー(刺青)を入れる人、全員が強い痛みを感じると言うわけではありません。また、比較的、男性より女性の方が痛みに強いと言われており、それは、タトゥー(刺青)を入れる際の痛みにおいても言えるようにな...

≫続きを読む

 

気になるタトゥー(刺青)の値段とは

若い方を中心にファッションやヘアースタイルにおしゃれを施す感覚で人気の高いタトゥー(刺青)ですが、初めて彫ろうと考えている方にとっては分からない部分も多くある事でしょう。タトゥー(刺青)の値段はまずどこの店舗を選ぶかが重要で基本的には彫るサイズによって値段は変わってきます。500円玉と同じ位のワンコ...

≫続きを読む

 

タトゥー(刺青)のリスクとは?

おしゃれ感覚で気軽にタトゥー(刺青)を入れる人が増加していますが、実はタトゥー(刺青)を入れることによるリスクというものも正しく理解しておかないと、入れた後に大きなトラブルになると言うことも少なくありません。まずタトゥー(刺青)を入れることのリスクとして最も重大なものが、アレルギーなどの副作用が起き...

≫続きを読む

 

挑み続けるための証としてタトゥーを入れた

私の右肩にはとあるタトゥーが刻まれています。それは「挑」という漢字です。サイズ的にはそれほど大きくなく、遠目に見ればホクロと見間違う程度のものです。どうして「挑」という漢字をタトゥーとして刻んだのかと言えば、私の人生は常に逃げてばかりのものだったからです。なるべく楽な方へ楽な方へと舵を切ってきました...

≫続きを読む