タトゥー(刺青)を入れたあとのアフターケアの重要性

タトゥー(刺青)を入れたあとのアフターケアの重要性

タトゥー(刺青)は入れたあとのアフターケアが非常に重要で、アフターケアを怠った場合色が綺麗に発色しないと言ったケースや色抜けしてしまうと言ったケース、タトゥー(刺青)を入れた場所が化膿してしまったといったケースなど様々なトラブルが起きる可能性があります。

 

基本的にタトゥー(刺青)は肌に傷をつけてその場所に色を入れていくことになるので、タトゥー(刺青)を入れたあとは簡単に言えば肌が傷を負っているのと同じ状態だと言えます。

 

色を入れるために何十か所と傷をつけているので、その場所はとてもダメージを負っており肌が弱っている状態になっていると言えます。その為アフターケアを怠れば言うまでもなくトラブルの元となりますし、仮にそのトラブルが解消できても思っていたようなタトゥー(刺青)に仕上がらなかったと言うことも有ります。

 

特に入れた直後に関してはタトゥー(刺青)の場所を清潔に保ち続けることが必要となりますし、しばらくの間は運動なども控えなければいけませんし、汗をかくことで色が抜ける危険性もあるので、出来るだけ汗をかかないように注意をすることも重要なケアとなります。

 

ある程度日数が経過すれば入れたあとがかさぶたになりますが、そのかさぶたも無理に剥がすと傷の治りが遅くなるだけでなく化膿してしまう原因となります。その為タトゥー(刺青)を入れたお店の指示しに従い正しくアフターケアを継続することが必要になるわけです。

 

タトゥー(刺青)が肌に定着するまでには人によって期間が異なり、2週間〜4週間程度を必要としますので、この定着までの間は特にアフターケアに注意して生活をする必要があるでしょう。

 

正しいアフターケアを行っていればタトゥー(刺青)は綺麗に発色して肌に定着しますし、定着してしまえば色が抜けるといったことも無くなりますので、細心の注意を払いながらアフターケアを行うようにしましょう。自分のケア次第でタトゥー(刺青)は良くも悪くもなるわけです。