タトゥー(刺青)を入れる際の痛みについて

タトゥー(刺青)を入れる際の痛みについて

 

タトゥー(刺青)を入れる際、痛みは、付き物になってきます。とは言っても、痛みにおいては、個人差もあり、タトゥー(刺青)を入れる人、全員が強い痛みを感じると言うわけではありません。

 

また、比較的、男性より女性の方が痛みに強いと言われており、それは、タトゥー(刺青)を入れる際の痛みにおいても言えるようになっています。

 

そして、また、タトゥー(刺青)を入れる場所によっても、大きく感じる痛みが違ってくるようです。比較的、痛みが少ない場所と言われているのが、肩回りや腕や二の腕付近。また、腰などの場合も、痛みが少ないと言われています。

 

反対に強い痛みを感じやすい場所としては、毛細血管が集中している為、痛みが強く出ると言われている手の甲や足の甲。

 

その他、脇の下や太モモの内側などの皮膚が薄く、日ごろから痛みを感じやすい場所もタトゥー(刺青)を入れる際に強い痛みを感じる事が多いと言われています。あと、骨に響きやすい場所も痛みを感じる事が多いようです。

 

では、タトゥー(刺青)を入れる際の痛みは、どうすれば良いのかと言うと、基本的には、我慢するしかありません。クリニックで行う治療とは異なり、麻酔などで痛みを逃がす事は出来ず、痛みに耐えて、タトゥー(刺青)を入れる方法しかないのです。

 

その為、少しでも痛みを軽減させるためには、前日までに気を付けておく事があります。まずは、タトゥー(刺青)を入れる前日は、十分に体を休め、十分な睡眠、食事を摂っておく事が大切です。

 

十分な体を休めておく事で、リラックスした状態で、タトゥー(刺青)を入れる事ができ、筋肉も緊張させずに済ませ、痛みを抑える効果があると言われています。食事においても、血糖値を上げる事ができる事から、重要になってきます。

 

もちろん、アルコールの摂取は控えておきます。

 

また、タトゥー(刺青)を入れる数日前からは、日焼けしないように注意しておく事も大切です。
このような事に気を付ける事で、少しは痛みを緩和する事は可能になっています。